2018年09月25日

4K・8K用配線確認

工事に使用するアンテナ線の
確認を行いました。
こちらの配線の確認です。
008.JPG

4K8K放送で使用される3.2MHzでの
性能確認です。
007.JPG
電線の外箱に3.2MHzでの減衰量458/qが
参考値として記入されています。

実際の減衰量と
測定器に接続した時の損失量が
上記の数値に含まれているのかを
確認しました。
002.JPG
上記の新品の電線を10mカットして
両端に測定器を接続しました。

信号発生器から3.2MHzの信号を送りました。
004.JPG


測定器に配線の減衰量が出ました。
005.JPG
4.1dBの減衰です。
参考地より低い減衰量です。
測定器に接続した時の損失も
外箱の数値に含まれている様です。

今後の参考にしたいと思います。


posted by tamaさん at 00:00| 配線

2018年03月24日

昭島市で通線工事

本日は昭島市にお伺いしました。

ケーブルテレビから光テレビに
切り替え済のお客様から
ご依頼を頂きました。
02.JPG
写真左手の光テレビルーターの
テレビ端子からの配線をご依頼
頂きました。

右手の情報盤にアンテナ線は
有りません。
屋根裏の点検口に分配器が有りますが
LANケーブルを通すモールは
通っておりません。
情報盤の上方向は壁になっていますので
屋根裏への通線は不可です。

光テレビの業者にも依頼されたそうですが
「テレビ配線はやっていない」との
回答ですので
ご自分で配線にトライされましたが
途中で分からなくなりましたので
弊社へのご依頼となりました。

ルーターの出力を確認しました。
07.JPG


NHKの信号レベルです。
10.JPG


NHKの信号品質です。
09.JPG
信号には問題無い様です。


配線にトライされた
お客様のお話しをお聞きしますと
解決策は情報盤に来ている
電話線又は光ケーブル通線用モール
を利用する事に絞り込めました。

電話線は利用されていませんので
今回は電話線用モールを利用しました。
01.JPG
モールに通線ワイヤーを通しました。


03.JPG
軒下の引き込み口まで
配線が通りました。


05.JPG
ケーブルテレビのOUT側に
情報盤からの配線を接続しました。

反対側は光テレビのテレビ端子に
接続しました。


06.JPG
保安器に終端抵抗を取り付けて
作業終了です。


光テレビを申し込まれたのに
テレビ配線のフォローが無いとは
無責任な業者です。


最後に
リビングでテレビの受信状態を
確認して作業を終了しました。


タグ:配線工事
posted by tamaさん at 03:00| 配線

2018年02月26日

日野市で配線変更工事

本日は日野市にお伺いしました。

リフオーム中のアパートの
テレビ配線変更のご依頼を頂きました。

現状は、2階の屋根から配線を
垂れ下げてサッシの隙間から
室内に入れていますので
サッシが閉まらない状態です。

配線以外に古いBSの新規交換と
アナログアンテナ撤去の
ご依頼も頂きました。

ご挨拶の後
工事を開始しました。
_001.JPG
古いアンテナ撤去後の写真です。

地デジはBSとブースター無しで
混合しますので、ポールの先端に
移設してレベルを上げました。


BSアンテナを追加しました。
_024.JPG

信号確認です。
NHKの信号レベルです。
_003.JPG


NHKの信号品質です。
_018.JPG


スペクトラム表示です。
_020.JPG
良好な信号状態です。


BSの信号レベルです。
_002.JPG
アパート1階、2階のお部屋の
テレビコンセントは各1個ですので
ブースター無しでも大丈夫です。


_025.JPG
地デジ・BS混合器を
上側に取り付けました。
下側は全端子電流通過型2分配器です。

お部屋のテレビから直接
BSアンテナに電流が通る
配線です。


垂れ下がった配線の変更です。
_023.JPG
屋根の真ん中から垂れ下がった配線を
樋の近くに移動しました。


_037.JPG
配線が良く見えませんが
バンドで樋に固定して
窓の手摺に沿わせて
引き込み口迄配線しました。


お部屋に新規コンセントを
取り付けます。
_033.JPG


2階です。
_034.JPG
空部屋ですので作業はここ迄です。


1階です。
_028.JPG
配線を取り付けてテレビに接続しました。


引き込み口に防水カバーを
取り付けて作業終了です。
_035.JPG


_036.JPG


1階にお住まいの方が在宅でしたので
地デジ、BSの映りを確認しました。

「やっと窓が閉まる」と
喜んで頂きました。

posted by tamaさん at 00:00| 配線

2017年12月15日

配線変更

本日は日野市にお伺いしました。
ご新築のお宅でフレッツテレビに
加入されたお客様から
配線変更のご相談を頂きました。

ご挨拶の後
配線を確認をさせて頂きました。
ルーターからの配線です。
005.JPG
石膏ボードに打ち込んだクギが
抜けています。


004.JPG


017.JPG
テレビコンセント側です。
こちらもクギが抜けています。

このお部屋はリビングですが
テレビの配線の差し込みが
塞がっています。
このお部屋でテレビが見れない状態です。


奥様は
この露出配線のため
ご新築のお宅のリビングの雰囲気が
台無しですので
撤去する事を強くご希望です。

お客様は工事業者にクレームを
出されましたが
ご自分でモールを買って
配線し直して下さいとの回答しか
もらえないそうです。


室内と室外を確認しますと
光フアイバーを通したモールの
経路が分かりました。

このモールにアンテナ線が通れば
配線を撤去出来ますので
お客様とご相談の上
モール内の通線作業を行う事にしました。


途中で通線ワイヤーが詰まった場合は
光フアイバーの損傷防止のため
作業をストップする条件付きです。


作業開始です。
014.JPG
モールーの中に
通線ワイヤーを入れていきます。


潤滑剤を多めに塗布しましたので
なめらかに通線しました。
001.JPG
光フアイバーの入り口です。


軒下の引き込み線に接続出来ました。
007.JPG


接続部は防水カバーの中です。
008.JPG


分配器の配線も入れ替えます。
006.JPG


室内の配線は撤去して
引き込んだ新規配線を
ルーターに接続して終了です。
012.JPG
こちらの配線は
キャビネットの裏側になります。

リビングでもテレビが見られる様に
なりました。


タグ:配線工事
posted by tamaさん at 00:00| 配線