2018年04月09日

アンテナ撤去

本日2件目です。
午前中の作業が終了しまして
帰り道のお宅ですので
グットタイミングでした。

アンテナ撤去のご依頼を
頂きました。

ご挨拶の後、早速工事を開始しました。
18.JPG
アンテナが倒れています。
お客様はケーブルテレビに
切り替え済でしたので
倒れている事に気が付いて
いませんでした。


19.JPG
屋根の損傷は有りません。


20.JPG
混合器が有りません。
2本のアンテナ線が
軒下に配線されています。


電源部の処理を確認しました。
軒下です。
21.JPG
こちらに地デジ・BS混合ブースターが
有りました。


22.JPG
ブースター出力部配線は
ケーブルテレビに切り替え済です。


屋根上のアンテナと配線を撤去して
作業を終了しました。
23.JPG



タグ:撤去
posted by tamaさん at 13:00| アンテナ撤去

2018年04月04日

地デジ・BSアンテナ取り付け

本日は都心の池袋にお伺いしました。

いつもお世話になっています
管理会社様からご依頼を頂きました。

リフオーム中のオーナー様のお宅から
お隣のアパート2棟に配線されていますが
新規アンテナを取り付けて
2棟の配線を別管理にするご依頼です。

ご挨拶の後、配線を点検させて頂きました。
オーナー様のお宅のアンテナです。
01.JPG
こちらのアンテナはオーナー様が
利用を予定されています。


アンテナ近くのブースターです。
02.JPG
2分配器経由で隣のアパート2棟へ
配線されています。
1棟は3部屋、もう1棟は2部屋で
合計5分配されていました。

屋上から
スカイツリーが見えます。(赤丸)
14.JPG


受信レベルは強烈です。
07.JPG
90dBを超えています。


ビルの反射波も有りません。
09.JPG


リフオームで電源を落として
ブースターからの出力がストップ
していますので
オーナー様から早急な工事を
ご依頼頂きました。

工事を開始しました。
05.JPG
ドリルで下穴を開けて
コーキングを盛った支線留めを
打ち込みました。


06.JPG
屋根に接する所は
チューブで保護しています。


アンテナを取り付けました。
11.JPG


12.JPG
オーナー様のお宅の屋上より
高い位置で設定しました。
BSアンテナは既存品を支給頂きました。


混合ブースターと2分配器です。
10.JPG
BS・110°CSのみ増幅の混合ブースターです。
電源はアパートの配線BOXからの供給です。


アパート側の配線BOXで
受信状態を確認して
作業を終了しました。


posted by tamaさん at 00:00| アンテナ撤去

2018年03月19日

八王子でアンテナ撤去

本日は八王子市にお伺いしました。

アンテナが倒れているので
撤去のご依頼を頂きました。

お電話で急斜面の屋根で有る事を
お聞きしましたので
状況確認にお伺いしました。
01.JPG
本当に急斜面の屋根です。
丸印に倒れたアンテナが見えます。

斜面に上がるとスルスルと
滑り落ちる事は間違い有りません。

玄関先でお断りして
帰ろうとしましたが
撤去だけでも何とかならないかと
お客様からご相談を頂きました。

家から少し離れた位置から
屋根の上を拝見しますと
屋根馬が真ん中の棟の近くにあります。

真ん中の棟までは
何とか到達出来そうです。

お客様とご相談しまして
危険な状況になった場合は
作業を中止する事を了解頂いて
撤去にトライしました。

真ん中の棟に近い位置に
梯子をセットしました。
02.JPG
屋根の上を見てビックリです。
ペンキで塗装されて鏡の様に
ツルツルです。

雪止めに足を掛けて
真ん中の棟に馬乗りになつて
アンテナに近付きました。

アンテナを固定するワイヤーは
棟の上で固定して
アンテナのみを持ち帰りました。
03.JPG
時間がかかりましたが
撤去完了です。

この後はケーブルテレビへの
切り替えお勧めしまして
帰ろうとしましたが
お客様から
本日中にテレビを見たいので
壁にデザインアンテナ取り付けが
出来ないかの
お問い合わせを頂きました。

ケーブルテレビを新規に申し込むと
工事迄に1ヶ月以上かかる場合が
有りますので
電波状況を確認してから
アンテナ取り付けを検討する事で
作業を進めました。

裏手のベランダで
アンテナを高く上げると
受信可能な電波がキャッチ
出来ました。
NHKの信号レベルです。
07.JPG
レベルは低めです。


NHKの信号品質です。
08.JPG


スペクトラム表示です。
09.JPG


遅延プロファイルです。
10.JPG
波形に乱れの無い良好な品質の
電波がキャッチ出来ました。


八王子中継所からの電波です。
11.JPG
ご近所の家並で電波が弱められています。
スカイツリーからの電波が
良好な状態になっています。

この場所でしたら
取り付け作業も問題有りません。

壁面には取り付け不可ですので
八木式アンテナの壁面取り付け
お勧めしましたが
ご主人様はデザインアンテナを
強くご希望です。

見た目は悪くなりますが
壁面金具とデザインアンテナの
組み合わせでお客様の
了解を頂きましたので
作業を開始しました。

いつもの通りドリルで下穴を開けて
コーキングを盛った金具を取り付けました。
04.JPG


06.JPG


アンテナ取り付け完了です。
12.JPG
お隣の屋根の上に出すと
良好な電波がキャッチできます。


時間の掛かる作業でしたが
最後にテレビの受信状態を
確認して作業を終了しました。


タグ:撤去
posted by tamaさん at 00:00| アンテナ撤去

2018年03月02日

八王子でアンテナ2台取り付け

本日は八王子市にお伺いしました。

建て替えでのご新築のお宅に
地デジアンテナと
広帯域受信用ラジオアンテナ取り付けの
ご依頼を頂きました。
ご新築おめでとうございます。

建て替えされる前は
テレビの受信状態が悪くて
ブロックノイズが頻繁に
発生していましたので
先月、事前の電波調査のご依頼を
頂きました。

お客様のお住まいの地域では
他のお客様からもテレビ映りが
悪いので対策工事のご依頼を
何度も頂いておりますので

いつもの通り小仏中継所からの
良好な電波が届いているのを確認しまして
短時間で事前確認を終了しております。

本日はご挨拶の後、早速工事を開始しました。
いつもの通りドリルで下穴を開けて
コーキングを盛った金具を
取り付けます。
01.JPG


03.JPG


04.JPG

本日は金具をもう一つ取り付けます。
05.JPG


06.JPG


07.JPG

地デジアンテナを取り付けました。
16.JPG


15.JPG
ブースターからの配線は
屋根の板金の裏側に金具で留めて
引き込み口まで配線します。


広帯域ラジオ受信用アンテナを
取り付けました。
11.JPG


こちらも同様に引き込み口まで
配線しました。
09.JPG


20.JPG
ラジオアンテナは受信専用です。


最後にテレビの受信状態を
確認して作業を終了しました。

posted by tamaさん at 00:00| アンテナ撤去

2018年01月19日

配線点検、修理

本日は渋谷区にお伺いしました。
テレビ映りが悪くなったので
点検、修理のご依頼を頂きました。

ご挨拶の後、リビングのテレビを
拝見させて頂きました。
E202の表示が出ています。

配線を辿って行きますと
壁の穴から屋上まで
露出で配線されています。

屋上に問題が発生している様です。
屋上に向かいます。
DSCF5128.JPG
平均台の様なフエンスの上を半周です。


DSCF5114.JPG
屋上にアンテナが有りました。


DSCF5110.JPG
やつとの事でたどり着きました。


配線が集中している箱が有ります。
分配器が入っている様です。
DSCF5112.JPG
白い線がリビングから来ている配線です。


箱のフタがネジ止めされています。
工具は最低限の物をもって
ここに辿り着きましたが
ドライバーは持って来ませんでした。


道具を取りに逆戻りです。
DSCF5113.JPG


屋上に戻って来ました。
DSCF5115.JPG
予想通り室内用の分配器が有りました。


分配器の内部に雨水が浸透して
不具合が発生していると思い込み
出力を確認しました。
DSCF5116.JPG


白い線を外して測定器を接続しました。
信号レベルです。
DSCF5118.JPG


信号品質です。
DSCF5119.JPG
出力が有りません。

戻った時に新規の分配器も
用意して来ましたので
すぐに交換は可能ですが
ブースターの方も確認しました。
DSCF5124.JPG
ランプが消えています。


ブースターに測定器から直接
電圧を加えました。
DSCF5125.JPG


地デジの信号レベルです。
DSCF5126.JPG


BSの信号レベルです。
DSCF5127.JPG
ブースターは正常に動作します。

この後、分配器経由でも同様の
確認を行い同様の結果ですので
分配器から下流に不具合の
原因が有る事が分かりました


下流の配線です。
DSCF5129.JPG
ここから見える範囲に接続部は有りません。
有ったら修理が大変な事になりますが!


屋根の点検を終了して
地上から配線を確認しました。
DSCF5130.JPG
どの線がブースターに接続されているのか
分からない状態です。

配線の接続部が有りました。
DSCF5131.JPG
これで作業終了と思い中を開けると
異常無しです。
この配線は信号のみのラインでした。


配線をもう一度確認しますと
室内の電源アダプターが有る位置に
窓から配線が引き込まれているのが
分かりました。

室内に戻り窓を開けて見ました。
DSCF5132.JPG
ウインドウケーブルです。
黒い線はFM用の配線です。


ウインドウケーブルをカットして
配線を直結しました。
DSCF5133.JPG
テレビが映りました。
ホット一息です。

2本のケーブルを通していますので
かなり強い力でサッシを閉めています。
私がやってもサッシのカギが
掛からない状態です。


お客様に状況をご説明しまして
配線はエアコン用の貫通穴経由に
変更する事で了解頂きました。

新規配線を引き込みました。
エアコンの上経由で
電源アダプター迄配線しました。
DSCF5134.JPG
簡単に書きましたが
室外を引き回して室内に引き入れる迄
時間の掛かる作業でした。


最後に
リビングでテレビの受信状態を
確認して作業を終了しました。


posted by tamaさん at 00:00| アンテナ撤去