2018年12月29日

多摩市で4K・8Kアンテナ

多摩市馬引沢にお伺いしました。

ご新築のお宅に地デジアンテナと
4K・8K用アンテナ取り付けの
ご依頼を頂きました。
ご新築おめでとうございます。

ご挨拶の後
電波状況の確認をさせて頂きました。

馬引沢は電波状況が良く無い場所ですが
お客様のお宅は階段20段程の
コンクリーの土台の上ですので
期待が持てます。

先ずはスカイツリー方向ですが
レベルが低すぎます。

測定場所とアンテナの高さを変えて
永山中継所方向で
取り付け出来そうな
ポイントを見つけました。

二段屋根の上側の屋根の右サイドです。
高さは2mとなります。
20素子のオールバンドのアンテナですが
受信レベルは47dB前後です。

車にDXアンテナ社製
ULX14が有りましたので
試しに使って見ました。

このアンテナは13〜34チャンネル用です。
永山中継所からの電波は13〜44チャンネルです。

受信レベルです。
005.JPG
全てのチャンネルが5dB前後
上がりました。


受信品質です。
006.JPG
全てのチャンネルが良好です。


今回はこのアンテナを使用する事で
お客様の了解を頂きました。
測定だけで2時間程掛かりました。


作業開始です。
いつもの通りドリルで下穴を開けて
支線留めを打ち込みました。
001.JPG


002.JPG


003.JPG


004.JPG


アンテナを取り付けました。
017.JPG


016.JPG


018.JPG



4K・8K用です。
アンテナの方向を合わせました。
010.JPG


アンテナを取り付けました。
015.JPG
ブースター迄は
屋根側面の板金の下に
金具で留めて配線しました。


引き込み線との接続です。
013.JPG
自己融着テープを巻いた上に
ビニールテープを二重巻して
バンドで固定しました。


014.JPG
接続部は屋根と樋の間に入れて
樋止めに固定しました。


室内の点検口に4K・8K用の
分配器が設置されていましたので
ブースター用の電源アダプターのみを
取り付けました。


リビングのテレビコンセントで
4K・8K用に使用される
周波数の1番高い3.2MHzの
レベルを確認します。
021.jpg
これまで
ご新築のお宅で確認した減衰量を想定して
ブースター出力を調整しましたが
今迄の値に比べて減衰量が低めです。

しかし、こちらが想定レベルに近い
まともな値です。

室内配線の施工方法にも
原因が有りそうです。

想定以上の減衰が有る場合は
お客様にもお伝えしています。


ブースターを再調整後
地デジと2K放送の
テレビ映りを確認して
作業を終了しました。


posted by tamaさん at 00:00| 地デジ・BS